海外引越-オーストラリア・メルボルン

私たちの場合、大人2人の引越でしたが、持って行きたいほど価値・思い入れのある家具(たとえばお気に入りのソファだとか)・布団などの大型・かさばる荷物がなかったため、そんなに大きな引越にはなりませんでした。€=(´Д`)  

●ャパンラゲージエクスプレスさんとか●通さんとか●ロネコさんとか、検索で上がってくるとこはひととおり見たんですけど、小さめの引越しでドアtoドアで、郵便局より安いのはないんではないかと思いました。

---------------------------------------------------------------------------------------------

見積もり取った●ックメールさんの回答
【1立方メートル(縦1m×横1m×高さ1m)、メルボルン市内までのドアードアサービスの場合】

日本側費用 \84,000
海上運賃 \25,000
着地側費用 \71,000
--------------------------------
合計 \180,000

※所要日数は約40日です。
※上記料金には、送付国側で関税、消費税が発生した場合や 検査が行われた場合の検査費用等は含まれておりません。
※ダンボールをまだご用意してないようでしたら無料でお送りします。 
(弊社が開発した1立方BOXなら梱包しながら容量が把握できます) 
※保険料は別途必要になります。 保険料は申告価格の1%になり、3,000円以上からになります。



だそうです。


1立方メートルは宅配120サイズのダンボールで18箱くらいの容量です
この見積もりには上記にあるように、「オーストラリア側での関税・消費税・検査が行なわれたときの費用」は含まれてないので実際はもっとかかりそうです。例えば、消毒代とか検査スタッフの時給、検査に日数がかさんで倉庫に保管になった時はその保管料など(byオット)  (゚ロ゚;ノ)ノ ちょっとコワ・・・

ここは横浜・東京23区だと集荷無料なんですが、その他だと1kmあたりいくらという感じで集荷にも料金がかかっていました。それも私たちにとってはマイナス点でした

---------------------------------------------------------------------------------------------------

というわけで、私たちは郵便局にしました。郵便局はやっぱり安いです。
なんといってもこれ以上とられない安心感!明朗会計がいちばんです。
電話しておけば、はかり持って家まで集荷しに来てくれるし、10箱から10%割引だし、、、
(でも来てくれた集荷員が、自分のとーちゃんくらいの年齢な感じで。。他の会社の値段を知った今では、サービスの一環でこの重い荷物たちを無料集荷してくれることに、ありがたさでいっぱいであります)

e0173565_824382.jpg


[うちわけ]
65×35×30(日用品・本)      1箱/20kg(10,250)  × 10箱  
120×40×20(ギターケース+ギター) 1箱/8kg (5,650)    × 1箱

 国際小包割引10%                 -10,815 
                      計 208kg    11箱    105,285

念のため、保険もかけました。
※ 【保険料:200万円まで】 2万円まで(+460)以降2万円ごとに(+50)
   ↑こんな感じのものなので中身がCD、38万円相当のものでも保険は1300円程度です


ちなみに1箱20kgにこだわった理由は、日本の郵便局サイトでは「オーストラリアは1箱30kgまでOK」とあったのですが、オーストラリアの郵便局サイトには1箱20kgまでとあるからです。うちでは体重計に乗ってまで、真剣に20kg以内を心がけ、集荷員のおっちゃんにびっくりされました(´∀`;)
「頑張ったねえ こんなにぴったりな入れ方する人いないよ!」
オット、誉められ かなり得意げであった。

---------------------------------------------------------------------------------------------

あと、頑張ったのは梱包。
船便は2重ダンボールのほうがよいようです。通常のダンボールよりは高めですが、船に積むとき4個5個と積み重ねていくので、へしゃげることが多いそう・・箱の底にはプチプチパッキンを引き、重い本やCDなどを底の方にいれ、体重計ではかり、20kgに足りない分は布もの(服など)で隙間なくいれる・・・これの繰り返し。
船は湿気も多いときいていたので、服は30Lくらいのビニールにいれてから、良いものは圧縮袋やジプロックへいれてから。だんだん入れる服もなくなってきて私の洋裁用の布をいれてかさを増やしたり。本末転倒な気もしますが、本・CDがとにかく多い私たちにはこうするのが良かったような気がします・・本だけで20kg入れようとしたら体積は驚くほど小さい・・・ (つд`)

W段ボール (10枚単位) NO.1W (510×300×360) 10 金額:¥ 2,350
エアーキャップ透明 1200mm×42M  1             金額:¥ 1,650
布ガムテープ                              金額:¥ 220

ギター用の箱 (楽器屋さんに行って、入荷があったときにとっといて~とお願いして無料でGET)   

---------------------------------------------------------------------------------------------------

[役に立ったサイト]
郵便局の国際郵便 - http://www.post.japanpost.jp/int/index.html
やっぱり郵便局は安いと思います

送料の虎 - http://www.shipping.jp/intl/
運びたいもののサイズ・エリアを入力すると、どんな手段があるか・おおよその値段・かかる日数などが調べられます。 サイズの特殊なもの(ギターとか)のとき使用しました


[使用したお店]
ヤマショウ - http://www.yama-sho.co.jp/
いろんな大きさ・厚さのダンボールが購入できて、レコードLP用とかもある。

箱屋ドットコム- http://www.hakoya.com/
1つからでも特注ダンボールを製作してくれる。うちはオットの仕事道具コンピューターボックスの箱をここで製作しました。
73×24×51  金額: 約 ¥ 8,000

[PR]